テーブル木材の選び方

テーブルの木の選び方

木といっても、それぞれに個性や特性があります。

木目がはっきりしているもの、優しくて穏やかなもの。手触りがやわらかくて温かみのあるもの、硬くて重厚感のあるもの。テーブルの樹種を変えるだけで、部屋の雰囲気も変わるほど、木の選び方は重要です。

by KANADEMONO では、自分にぴったりの木のテーブルを見つけていただくために、現在11樹種の天板をご用意しています。

私たちがこだわるのは「素材感」。

天板のラインナップでは、突板仕上げではない無垢材の天板のみを取り揃えています。無垢材ならではの風合いを感じながら、長く愛着をもって使い続けてもらえるテーブルを目指します。

樹種がいろいろあるとどれにしたらいいのか悩んでしまいますが、まずは直感で選ぶことがとても大切です。

プラス木の個性を知り、用途や空間に合うかどうかを考えて、自分に合う樹種のテーブルをセレクトしてみましょう。

by KANADEMONO のテーブル天板

ブランド銘木材シリーズ

杉無垢材

杉林

杉とは


私たちの生活と深い関わりがあり、日本を代表する木のひとつである杉は、本州から四国、屋久島まで広く分布する国産の針葉樹。

国内で最も多い植林面積を誇る、日本の固有種です。

まっすぐに伸びる幹や軽さが特徴で、繊維方法が一定で加工しやすいため、柱や天井などの建築材、家具から木桶までさまざまな用途に用いられています。

柔らかく、温かみのある印象の木材ですが、これは木の内部に空気を多く含むために生まれる自然の保温効果によるもの。このため、フローリング材としても重宝されています。

杉

豊かな表情と美しい木目


年輪の現れ方によってさまざまな表情を見せる杉は、美しい木目や表情豊かな節の雰囲気を愉しみたい方におすすめです。

時間の経過とともに褐色へと変化していくのも、愉しみのひとつ。やわらかく傷がつきやすいのも特徴ですが、経年変化の1つとして捉えると味わい深くなります。

KANADEMONO では、木目を生かしてカッティングされた、厚みのある国産の杉無垢材を丁寧に組み合わせて、品のある天板に仕上げています。

お客様より「木そのものの質感があって、ホッとする、落ち着く」「部屋に置いたら、ナチュラルな雰囲気になった」などの声をいただいています。

年輪が織りなす美しい木目、表情豊かな節、無垢材だからこそ、醸し出される温かみは人をほっとさせます。KANADEMONO で一番人気のダイニングテーブル用天板です。


無垢材とは?


無垢材は、丸太から切り出した木材なので、天然木本来の風合いやぬくもり、木によってひとつひとつ異なる木目や節を、楽しむことができます。

また長年使うことで木材の色合いに落ち着きがでてきて、木目もさらに美しくなっていきます。使えば使うほど味がでてきて、さらに愛着が湧いてくる点は、集成材にはない魅力といえます。

無垢材について、さらに詳しく
無垢材

杉無垢材の特徴


  • 美しい木目や豊かな節の表情を視覚的に愉しめる
  • ナチュラルな木肌の手触り
  • 無垢材であるため、天然木本来の風合いを愉しめる
  • 木の硬さは、パイン材と同程度、比較的やわらかめ
  • 比較的やわらかい材のため、キズがつきやすい傾向がある
  • 商品の特性上、若干、木目や節の凹凸を感じる場合があります
  • テーブルで直接書き物を多くされる方には、ラバーウッドをおすすめします
杉無垢1

存在感のある美しい木目や表情豊かな節が特徴的。天然木の風合いも愉しめる、木の温もり溢れる天板です。

杉無垢2

杉無垢材の天板の厚みは2.5cm。木の質感、素材感など無垢材の魅力をしっかりと引き出しています。


杉無垢1

木肌の手触りが心地よいテーブルで、本やコーヒーを片手にゆったりとした気持ちで時間を過ごせそう。

杉無垢2

個性的なデザインのアイアン脚が映える、あたたかみのあるテーブル。ナチュラルな杉天板の温もりがやさしく全体をまとめ上げます。



品種 スギ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.38g / cm3
強度 やわらかめ
色調 辺材(※1)は白色、心材(※2)は淡紅褐色(辺心材の区別は明瞭)
淡い赤みのあるものから黄味の強いものまでさまざま
産地 日本全国
主な用途 建築の構造材や建具材、フローリング、天井板、木桶
※1 ※2 : 木を輪切りにすると、同心円状の年輪が現れます。その樹皮に近い外側部分を「辺材(白太)」、中心部分を「心材(赤身)」といいます。心材部分は、辺材部分に比べて木の生理機能が減少しているため、硬くて強度が高く、耐久性もあるといわれています。
杉無垢材の商品ページへ

パイン材

パイン

パインとは


おもに北米産の松を加工した木材で、50種以上もの種類があります。針葉樹特有のやわらかさから、加工がしやすく家具の製作によく用いられます。

白っぽい色をしていますが、木材全体に油分が多く含まれているため、年を経るごとに落ち着いた飴色へと変化していくのが大きな特徴。

また節が比較的少なく手触りが滑らかなので、視覚的にも触覚的にも、素朴で温かみのある印象を与える木材です。

KANADEMONO のパイン材について、お客様より「優しいイメージの天板」「置いたらダイニングが明るくなった」などの声をいただいています。

部屋を優しい雰囲気にしたい方やナチュラルな雰囲気の家具が好きな方におすすめです。


集成材とは?


集成材とは、多くの角材を張り合わせて大きな1枚の板にしたものです。パイン材は集成材で利用されることが多く、無垢材に比べて、長年の使用時の乾燥や湿気などによる、反りなどが少ないといわれています。

集成材について、さらに詳しく
パイン

パイン材の特徴


  • 素朴で温かみのある木目の印象
  • 明るめのトーンだが、経年変化により飴色になる
  • 木の表面は、とても滑らかで手触りがいい
  • 集成材なので、乾燥や湿気による反りなどの影響が少ない
  • 木の硬さは、杉材と同程度、比較的やわらかめ
  • 比較的やわらかい材のため、キズがつきやすい傾向がある
  • テーブルで直接書き物を多くされる方には、ラバーウッドがおすすめです
パイン材1

色は明るめ、やさしい印象の木目です。パイン材は年を経るごとに落ち着いた飴色へと変化していくのが大きな特徴。

パイン材2

KANADEMONO では集成材を使用。集成材は乾燥や湿気による反りなどのダメージを受けにくいといわれています。


パイン材テーブル

素朴で温かみのある雰囲気のパイン材は、ナチュラル+明るい印象のテーブルになります。

パイン材デスク

シャープなデザインの鉄脚と合わせると、軽やかな印象に仕上がります。ワークデスクにもおすすめ。



品種 マツ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.42g / cm3
強度 やわらかめ
色調 辺材は黄白色、心材は淡色~赤褐色
主に辺材が使用され、白っぽいものから黄味の強いものまでさまざま
産地 北米
主な用途 テーブルや棚などの家具、フローリング、建築の内装材
パイン材の商品ページへ

ラバーウッド

ラバーウッド

ラバーウッドとは


ラバーウッドは、別名ゴムノキともいわれ、ゴムの樹液が採れることで有名なブラジル原産の広葉樹です。

ラバーウッドは、樹液採取を何年間か続けると木の勢いが衰えてしまうため、かつては樹液採取後に大量廃棄されていましたが、現在は、伐採した後の木も、集成材や家具材として有効活用されています。

またラバーウッドは、南米や東南アジアなど暑い地域に生息する木なので、成長が早く、森林資源の保護に役立つといわれています。

そして前述のように、資源の有効利用もされているため、「環境にやさしい、エコな木材」といわれています。

ラバーウッド

温かく滑らかな手触り


ラバーウッドの一番の特徴は、加工後の手触りがとても滑らかであること。特にテーブルは直接手で触れることの多い家具なので、心地のいい手触りのものがいいですよね。

また木目はとても柔らかく穏やかです。作業の合間に眺めると、ほっとするような、安心感を与えてくれます。

お客様より「表面がすごく滑らかで、温かみのある天板」「ワークスペース用のテーブルとして利用しているが、手触りが心地よくて、落ち着きながら作業ができる」などの声をいただいています。

また、KANADEMONO で扱っている木材のなかでも、硬めの木材のひとつ。作業を多くする方や直接テーブルで物書きを多くされる方には、こちらのラバーウッドをおすすめします。


ラバーウッドの特徴


  • 柔らかく穏やかな木目の印象
  • 心地のいい滑らかな手触り
  • 環境にやさしいエコな木材
  • 集成材なので、乾燥や湿気による反りなどの影響が少ない
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め
  • 表面が滑らかで硬い木材なので、テーブルで直接書き物を多くされる方や、
    デスクワークをされる方などには、こちらのラバーウッドがおすすめ
  • by KANADEMONO では、4色展開
ラバーウッド

環境にやさしい、エコな木材であるラバーウッドは、手触りがとても滑らか、優しく穏やかな印象の木目です。

ラバーウッド

KANADEMONO が扱う天板のなかでも、硬めの木材のひとつ。作業を多くする方やデスクワーク用のテーブルとしてもおすすめです。


ラバーウッドテーブル

穏やかな木目のラバーウッドは、ナチュラルテイストが好きな方に特におすすめ。ダイニングを優しい雰囲気にまとめ上げます。

ラバーウッドテーブル

滑らかで心地よい手触りに、心が和みます。カラーバリエーションから空間に合わせた色味を選べるのも魅力です。



品種 トウダイグサ科 / 広葉樹
気乾比重(参考値) 0.66g / cm3
強度 硬め
色調 辺材は淡白色、心材は淡黄白色~淡桃褐色(辺心材の区別はほとんどなし)
白っぽいものから黄味の強いものまでさまざま
産地 東南アジア、南米
主な用途 テーブル天板などの家具、フローリング、建築の構造材、合板材

4カラーあります

ラバーウッドナチュラル

ラバーウッドN(ナチュラル)

やさしい雰囲気のナチュラルテイストの天板は、人気の定番カラー。穏やかな木目とカラーは、空間を明るい印象に仕立てます。


ラバーウッドアッシュ

ラバーウッドA(アッシュ)

ラバーウッドのナチュラル感はそのままに少しシックな印象に仕上げたアッシュカラー。淡いグレーがスタイリッシュな雰囲気です。


ラバーウッドチークブラウン

ラバーウッドT (チークブラウン)

時を経て深みを増したような色味のチークブラウン。落ち着いたブリックカラーのような雰囲気で、ラグジュアリー感を演出できます。


ラバーウッドブラックブラウン

ラバーウッドB (ブラックブラウン)

シックな雰囲気のブラックブラウンは、うっすら木目の見える、ブラックとブラウンが絶妙に混じった独特なカラーが魅力です。

ラバーウッドの商品ページへ

杉無垢材 ヴィンテージスタイル

杉無垢材 ヴィンテージスタイル

杉無垢材 ヴィンテージスタイルとは


KANADEMONO の「杉無垢材ヴィンテージスタイル」は、KANADEMONO の家具に合うように、オリジナルで企画製作された、こだわりの木材。

ヴィンテージ家具のような雰囲気にエイジング加工した、存在感のある杉無垢材です。

厳選された未使用の足場板を、単なる塗装ではなく、鉄錆で木材自体の色を変色させてエイジング加工をしているので、自然な見た目。また加工後は丁寧にサンディング+クリアのウレタンニスで塗装をしているので、ダイニングテーブルとしても心地よく使用できるように仕上げています。

杉無垢材 ヴィンテージスタイル天板のダイニングテーブル

古材のような趣


落ち着いた深みのある風合い、木肌の素朴なナチュラルさ、そして美しい木目が魅力。趣のあるテーブルトップと重厚感のあるアイアン脚のマッチングが、独特なトーンを醸し出します。

古材の雰囲気は好きだけれど個性が強すぎてコーディネートが難しい、もう少しすっきりと洗練されたヴィンテージテイストの家具がいいと思われている方に特におすすめです。

またこちらの木材は、木肌の自然な手触りを感じていただくために、ヴィンテージスタイルの風合いを残した仕上げになっております。

詳しくは下記のリンク先をご参照ください。

杉無垢材 ヴィンテージスタイルについて
※ KANADEMONO では、以前販売しておりました「古材」より「杉無垢材ヴィンテージスタイル」に切替えをしています。
※ 今後「古材」プロダクトについては、供給面やクオリティのコントロール面の関係上、販売の再開予定はございません。


杉無垢材 ヴィンテージスタイルの特徴

  • ヴィンテージ家具のような落ち着いた雰囲気で、趣のある仕上がり
  • 厳選された未使用の杉足場板に特殊なエイジング加工をしている
  • 単なる塗装ではなく、鉄錆で木材自体の色を変色させてエイジング加工をしているので、自然な見た目
  • 杉材特有の、木目の美しさ、節の表情の豊かさを堪能できる
  • 木肌の自然な手触り
  • 木の硬さは、パイン材と同程度、比較的やわらかめ
  • 商品の特性上、板の厚みが若干異なる場合があり、板を接いでる部分に凹凸を感じることがあります
  • 滑らかな手触りがお好みの方や、テーブルで直接書き物を多くされる方には、ラバーウッド材をおすすめします
杉無垢ヴィンテージスタイル天板1

まるで長年つかっているかのような、ヴィンテージ家具の風合いを醸し出します。手元に届いた瞬間から愛着が湧きそうです。

杉無垢ヴィンテージスタイル天板2

天板の厚みは3.5cm。圧倒的な存在感がポイント。しっかりとした重厚感、安定感があります。


杉無垢材ヴィンテージスタイルのホワイト脚テーブル

ホワイト脚を合わせると、海が似合いそうな爽やかなテーブルに仕上がります。個性的な天板と、すっきりとしたテーブル脚のバランスが絶妙。

杉無垢ヴィンテージスタイルのブラック鉄脚テーブル

単なる塗装ではなく、エイジング加工をしているので自然な見た目です。置くだけで雰囲気が出るので、カフェなどのテーブルにもぴったり。

杉無垢材 ヴィンテージスタイルの商品ページへ

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュとは


ホワイトアッシュは、モクセイ科の広葉樹で、別名「アメリカトネリコ」「アメリカタモ」などとも呼ばれる、北米産のアッシュ材。

オーク、マホガニーと並んでヨーロッパ家具を代表する木材のひとつです。

中世ヨーロッパでは、「長寿」の象徴の木として、また北欧神話の中では「天国と地上の結びの木」といわれており、古くから重宝されてきた木材であることがわかります。

ホワイトアッシュ

明るくナチュラルな風合い


アッシュ材は、適度に堅く、粘りが強く、また耐衝撃力が高いことから、野球のバットにも使用されていることでよく知られています。

辺材は白色、心材は灰褐色から淡褐色や、褐色の木目が入った薄黄色まで、さまざまなものがあり、天然木の風合いを楽しむことができます。

大柄な木目や通直な木目が特徴のアッシュ材は、そのダイナミックな印象の木目と、淡い色の風合いとのバランスが独特のナチュラル感を醸し出します。

ホワイトアッシュのテーブル

KANADEMONO のホワイトアッシュ材について、お客さまより、「木目のインパクトがあるけれどやさしくて穏やかな風合い。天然木の温もりを感じられる」「書斎のワークデスクとして使ってみたら、作業中の気分が明るく穏やかになった気がする」「ホワイトアッシュのテーブルをダイニングルームに置いたら、おしゃれでナチュラルな雰囲気になった」などの声をいただいています。

北欧スタイルやナチュラルテイストなお部屋はもちろん、さまざまなスタイルの空間に溶け込みます。


ホワイトアッシュの特徴


  • 淡く明るい風合いで、ナチュラルな印象
  • 大柄でダイナミックな木目や通直な木目が組み合わさり、表情豊か。節は比較的少なめ
  • 木肌の自然な手触り
  • 適度に堅く、弾力性があり、また耐衝撃力が高い
  • 広葉樹であるため、木の硬さはやや硬め
  • 北欧インテリアやヨーロッパ家具で人気の木材
ホワイトアッシュ天板

ホワイトアッシュ特有の大柄でダイナミックな木目など、天然木の風合いを愉しめます。

ホワイトアッシュ天板

天板の厚みは2.5cm。淡く明るい風合いが印象的なこちらは、上品な高級感を感じることができます。


ホワイトアッシュのブラック鉄脚デスク

ダイニングテーブルはもちろん、ワークデスク用にも◎。アッシュ独特の個性が、北欧スタイルやシンプルな空間によく映えます。

ホワイトアッシュのホワイト鉄脚テーブル

ホワイトと合わせて、清潔感&ナチュラル感のあるテーブルに仕上げてもいいですね。明るい色味の天板が空間を明るく見せてくれます。



品種 モクセイ科 / 広葉樹
気乾比重(参考値) 0.68g / cm3
強度 硬め
色調 辺材は白色、心材は灰褐色~淡い黄褐色(辺心材の区別は明瞭)
木目の色についても薄黄色や濃いめの黄色などさまざま
産地 北米
主な用途 建築材・ドアなどの家具・野球のバット・合板材
ホワイトアッシュの商品ページへ

オーク

 オーク

オークとは

オークは、ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。世界中で数百種類存在し、日本ではナラ(ミズナラ)とよばれる、秋にどんぐりがなる木にあたります。

ひと際大きく立派に成長するため、古くから「森の王(King of Forest)」とよばれ、ヨーロッパの神話にも登場するなど、聖なる木として崇められてきました。

丈夫な硬さが魅力で、中世より床材や大型家具を中心に、船舶用材、ワインやウイスキーの樽など様々な用途に使用されています。

どんぐり

オーク材と人々の暮らしのつながりを辿っていくと、その歴史は2000年以上も前に遡るとのこと。

古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡からはオーク材の家具が発掘されており、昔から人々がオーク材に慣れ親しんできたこと、オーク材が人々の暮らしに欠かせない存在だったことがよくわかります。

オークのワイン樽

北米産のホワイトオークは、とても頑丈で耐朽性に優れ、心材(丸太の中心部)は腐食に強いことから、ウィスキー樽やワイン樽として使用されていることはとても有名な話。

また、ワインを味わい深くするタンニンを他の木材よりも多く含んでいるといわれています。このタンニンは前述したとおり、腐食に強く害虫を防ぐ効果もあるそうで、オーク材がフローリング材として広く使われているのも納得です。

オーク

最高峰のオークといわれた北海道のミズナラ

日本においても、オークにあたるミズナラが明治時代より家具や内装材としてつかわれていました。北海道産のミズナラは最高峰のオークと言われており、英国のアンティーク家具には、当時輸入された北海道のミズナラも多く使用されているとのことです。

残念ながら、現在はミズナラの木材の量そのものが少なくなってしまったので、ほとんど市場に出回っていませんが、近年まで日本から輸出されていた木材です。

オーク

味わい深い経年変化、ユニークな虎斑

オーク材は、ナチュラルな明るい色味をしていますが、時を経るごとにその色味に深みが増し、経年変化を愉しむことができます。

表情豊かな木目や、稀に見る虎斑(トラフ)と呼ばれる杢(モク:木目に現れる特徴的な模様)も人気の理由のひとつ。文字通り、トラ模様のような縞状の木目は、貴重なオークの個性とされています。

強硬さと耐久性から、日本でも住宅や店舗、公共施設の床材として幅広く活用されているオーク材。家具材としても人気があり、KANADEMONO でもよくつかわれています。

オーク

ダイナミックで美しい木目

オーク材の一番の魅力は、はっきりとしたダイナミックな美しい木目。通常丸太の挽き方によって2つの異なる模様が見られますが、オークの場合はそのちがいがはっきりと見られます。

「柾目(まさめ)」※1 では直線的でまっすぐに流れる清楚な木目が、「板目(いため)」※2 では曲線が描く豊かな表情が現れます。

柾目と板目が織りなす美しい文様は、見る人の目を愉しませてくれます。

※1 ※2
柾目(まさめ)・板目(いため)とは、丸太から板に加工する際の製材方法による木目の出方の違いのことをいいます。

年輪に対しのこぎりを垂直方向に入れ、丸太のちょうど真ん中あたりを切り出すと「柾目」という縦じま模様の木目に。水平方向に入れ、丸太の中心からずれた部分を切り出すと「板目」というタケノコの断面のような木目が現れます。


板目と柾目

オーク材の特徴


  • 明るくナチュラルな色味でやさしい雰囲気
  • 耐朽性・耐水性が高く、腐食や劣化が生じにくい
  • 湿度・温度による変形が比較的生じにくい
  • はっきりとした美しい木目
  • 個性的な「虎斑」が稀に現れる
  • 経年変化により褐色に味わい深く変化する
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め
オーク無垢材ダイニングテーブル

表情豊かで美しい木目がオークの特徴。板目と柾目で見せるさまざまな表情は、見ていても飽きません。ゆっくりコーヒータイムを楽しめそう。

オーク無垢材ダイニングテーブル

ホワイトオーク材は、白っぽいものから黄白色、黄褐色〜赤褐色の強いものまであり、表情豊かな木材。無垢材ならではの温もりを感じられます。


オーク無垢材ダイニングテーブル

アイアン脚とのコーディネートにより、オークの素朴な風合いを程よく引き締めているのも実は大切なポイント。ナチュラルモダンな雰囲気です。

オーク無垢材ダイニングテーブル

オークのもつ温かみとナチュラル感が、食卓に和やかな雰囲気をもたらします。朝の光を浴びながら、気持ちよく朝食をいただけそうですね。



品種 ブナ科 / 広葉樹
気乾比重(参考値) 0.68~0.75g / cm3
強度 硬め
色調 辺材は淡黄白色、心材は黄褐色~赤褐色(辺心材の区別は明瞭)
産地や品種により黄白色ものから赤みの強いものまで幅広い
産地 北米、ヨーロッパ、日本(ミズナラ)
主な用途 家具、床材、建築材、船舶材、洋酒樽など
オークの商品ページへ

ウォルナット

クルミ

ウォルナットとは


ウォルナットは、その実が私たちの食卓にも馴染み深い、北米産のクルミ科の落葉広葉樹です。

日本にもクルミの木がありますが、こちらは「鬼胡桃 (おにくるみ)」というミルキーな茶色の木材。一般的にウォルナット材として世界に流通しているのは、北米産の「ブラックウォルナット」と呼ばれる茶褐色の木材です。

気品ある佇まいから、チーク、マホガニーと並び「世界三大銘木」と称されている、高級木材のひとつです。

ウォルナット

アメリカ東部やカナダのオンタリオ州の山脈一帯に生育するウォルナットは、厳しい寒さの中、じっくりと時間をかけて育ちます。

よって、適度な硬さと粘りをもち、温度や湿度による狂いが生じにくいことから、楽器や銃床材、ドア材やフローリング材にも使われてきたほど。

精度が求められる家具にも最適で、世界中で高級品として愛される木材です。

またウォルナットを輪切りにしてみると、辺材(外側)は灰白色や乳白色、心材(内側)は紫色を帯びた薄褐色から、濃褐色、茶褐色といった濃い色が見られ、材がもつ濃淡が混じり合った美しいコントラストの理由がよくわかります。

ウォルナット天板のダイニングテーブル

高級感のある滑らかな木目


ウォルナットの1番の魅力は、ダークブラウンのような濃い目の色合いとツヤ感、そして”墨流し”と呼ばれる滑らかで美しい木目。

不規則な濃淡の縞があり、まるで木肌に墨を流したように滑らかな木目が描かれることから、”墨流し”と呼ばれています。

また通常、木材は経年変化により色が濃くなることが多いですが、ウォルナットの場合は、濃い色合いは経年変化によりまろやかになり、徐々に赤褐色、さらには黄褐色をおびた明るい茶色へと変化。独特の経年変化もウォルナットならではの魅力といえます。


ウォルナットの特徴


  • チーク、マホガニーと並ぶ「世界三大銘木」のひとつ
  • 濃いブラウン色で、高級感ある落ち着いた雰囲気
  • ”墨流し”と呼ばれる濃淡の縞模様が見られる
  • 白太(辺材)と茶褐色(心材)が混じり合った表情
  • はっきりと描かれた上品で美しい木目
  • ツヤのある滑らかな触り心地
  • 経年変化により色が明るく変化する
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め
  • 厳しい寒さの中で生育する環境のおかげで、適度な硬さと粘りをもつ
  • 衝撃に強く、耐久性が高い
  • 湿度温度による変形が生じにくい
Gemoneのウォルナット天板

紫を帯びた濃茶褐色から淡褐色、乳白色など、濃淡の縞(墨流し)が美しく現れるウォルナット。経年変化によりまろやかな明るい色に変わります。

ウォルナットテーブル天板

ウォルナットの天然木を贅沢に使用したテーブル。艶やかなダークブラウンの天板が、ダイニングで過ごす時間を贅沢なひとときにします。


ウォルナット天板とステンレス脚のテーブル

Gemoneでは、落ち着いた輝きを放つステンレス脚とコーディネート。気品と高級感の漂うテーブルです。

ウォルナット天板とステンレス脚のデスク

深みのあるウォルナット天板を、軽やかなテーブル脚がすっきりとまとめ上げます。書斎に取り入れると、エレガントな雰囲気に。



品種 クルミ科 / 広葉樹
気乾比重(参考値) 0.64g / cm3
強度 硬め
色調 辺材は灰白色~乳白色、心材は紫色を帯びた薄褐色~濃褐色(辺心材の区分は明瞭)
不規則な濃淡の縞があり、色調は多岐にわたる
産地 北米
主な用途 高級家具、工芸品、楽器、デッキ、銃床材
ウォルナットの商品ページへ

ブラックチェリー

ブラックチェリー

ブラックチェリーとは


ブラックチェリーは、主に北米東部の比較的暖かい地域に生息するバラ科サクラ属の広葉樹。日本では「アメリカンチェリー」と呼ばれる、黒っぽい大きなチェリーの実をつけることで有名です。

15~30m程に大きくまっすぐ伸びる木は、幹幅が小さいため幅広の材は希少ですが、ウォルナット、チーク、マホガニー、アッシュなどと並ぶ銘木とされ、古くから高級家具木材として輸出されてきました。

ブラックチェリー

実はもちろんのこと、木片は燻製のときにチップとして使われるなど、私たちの生活に馴染みのある木材です。

辺材(外側)は黄白色から乳白色、心材(内側)は淡い薄桃色。

経年変化が大きいことでもよく知られ、薄桃色の木肌は、深みのある赤褐色に変化し、大きく印象が変わります。さらに使い込むほどに艶を増し、高級感が増していきます。

ブラックチェリー天板のダイニングテーブル

上品な木肌と個性的な表情


赤みを帯びた上品な色合いと緻密な木肌、そしてまろやかな光沢感が、ブラックチェリーの1番の魅力。ダイニングテーブルを華やかに演出してくれます。

一見、淡々とした表情を見せるブラックチェリーですが、個性的な表情が見られることでもよく知られています。

ひとつは、樹木の生長の過程や気候の変化による縮みによって、独特の紋様が表れる、さざなみ紋(リップルマーク)。川の流れのように緩やかで、少し光沢があるように見え、角度によって表情が変化するこちらの紋様、古くより重宝され、リップルマークがあるものは銘木とされ賞用されてきました。

もうひとつの特徴は、樹液を多く含む、生命力の強い木ほど見られるといわれている、ガムポケット(樹脂痕)。成長過程で染み出した樹脂が固まってできるサクラ科特有の個性で、黒い斑点が見られます。

またブラックチェリーは「散孔材」(※)であるため、木目は淡く、手触りはすべすべと滑らかである点も特徴です。




※年輪の中に細い導管が不規則に散らばった木材を「散孔材」といい、淡い木目と滑らかな手触りを生み出します。
一方、太い導管が規則的に並んだ木材は「環孔材」といい、はっきりとした木目と手触りのある木材になります。



ブラックチェリーの特徴


  • ウォルナットと並ぶ、人気の高級木材のひとつ
  • 木肌が緻密、光沢感、艶があり上質な印象
  • 散孔材のため、淡い木目と滑らかな手触り
  • 経年変化が大きく、淡桃色から赤褐色へと変化。高級感が増す
  • さざなみ紋やガムポケットなど、個性的な表情が見られることがある
  • 木の硬さは、標準的
ブラックチェリー天板

ブラックチェリーの薄桃色の木肌は、経年変化により深みのある赤褐色に。さらに使い込むほどに艶を増し、高級感を増していきます。

ブラックチェリーテーブル天板

まろやかな薄桃色の天板は、やわらかな気品があります。ダイニングテーブルに取り入れると、毎日の食卓が楽しくなりそう。


ブラックチェリー天板のダイニングテーブル

一見、淡々とした表情を見せますが、リップルマークやガムポケットなど個性的な表情が見られることでもよく知られています。

ブラックチェリー天板とステンレス脚のテーブル

空間に明るく静かな華やかさを添えてくれる天板。淡い木目&ツヤ感が、ステンレス脚の光沢感を丸く包み込み、やさしい印象のテーブルに。



品種 バラ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.55g / cm3
強度 やや軽軟
色調 辺材は黄白色~乳白色、心材は淡い黄桃色~赤褐色(辺心材の区別は明瞭)
黄味が強いものから桃色、赤褐色が混じるものまでさまざま
産地 アメリカ東部
主な用途 高級家具、キャビネット、フローリング、楽器
ブラックチェリーの商品ページへ

飛騨唐松

唐松

緻密な冬目をもつ唐松


唐松は日本の固有種であり、別名で落葉松と言われるとおり、日本で唯一落葉する針葉樹です。

唐松の年輪は、くっきりと濃いのが特徴で、製材すると木目がはっきり浮き出てきます。

寒い冬の間に緻密に成長した年輪の線は「冬目」といい、唐松はこの冬目が力強く現れているため、耐久性が高いといわれています。

飛騨唐松テーブル

力強さを存分に感じる天板


KANADEMONO が扱う「飛騨唐松」は、岐阜県北部の飛騨産の唐松の挽板(※1)を幅はぎ(※2)にしたもので、無垢の唐松の質感を十分に感じることのできる、贅沢な天板です。

比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、唐松の木目の力強さと、自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。

艶やかな飴色も、唐松の魅力のひとつです。



※1 挽板(ひきいた)とは、突板(つきいた:薄くスライスした表面化粧材)とは異なり、鋸で切り出した厚みのある板のこと。

※2 幅はぎとは、木材と木材を横に接ぎ合わせて板を作る方法のことで、木の反りなどが出にくいといわれています。

製材方法について、さらに詳しく

飛騨唐松の特徴


  • 岐阜県飛騨産の唐松を贅沢に使用して仕上げた天板
  • 唐松特有の、冬目(冬の間に緻密に成長した年輪の線)の木目の力強さが魅力
  • 心地よい手触り感を重視し、丁寧に節の処理をした仕上がり
  • 木の硬さは、杉材、パイン材より硬め
  • しっかりとした緻密な木材のため、物書き用のテーブルにも適しています
飛騨唐松天板1

くっきりと濃い年輪を描く、緻密な冬目(寒い冬の間に緻密に成長した年輪の線)の美しさが魅力です。

飛騨唐松天板2

天板の厚みは3cm。しっかりとした安定感と重厚感があります。比較的硬めなので、物書き用のテーブルにも適しています。


飛騨唐松とブラック鉄脚のテーブル

飛騨産の唐松の挽板を幅はぎにした贅沢な天板。キリリとした印象を与える天板は、アイアン脚との相性も◎

飛騨唐松のテレビボード

樹齢の深みや木がもつ強さをしっかりと感じられる、そんな特別感のある家具に仕上がります。



品種 マツ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.53g / cm3 ※一般的な唐松材の値
強度 硬め
色調 辺材は黄白色、心材は淡色~赤褐色(辺心材の境目は明瞭)
黄色っぽいものから赤みを帯びたものまでさまざま
産地 岐阜県
主な用途 建築の内装材、テーブル天板などの家具、フローリング
飛騨唐松の商品ページへ

長良杉

杉

長良杉とは


杉は日本を代表する木材のひとつですが、長良杉は、岐阜県の特に長良川上流から飛騨地方で育った杉のことをいいます。

冬の4ヶ月間、雪の中で成長するため、年輪が細かく色艶がよいとされ、仕上がり後の表情が豊かです。

また、杉の一般的な色調について、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色をしていますが、この白太(辺材)と赤身(心材)が混在したものは、源氏と平家の旗色にちなんで「源平」と呼ばれています。

長良杉は、この「源平の美しさ」に定評があり、落ち着いた赤身の色合いが魅力的です。また全国の杉の中でも、木目の美しさに定評があります。

長良杉テーブル

色艶のよい長良杉を贅沢に使用


KANADEMONO が扱う「長良杉」は、岐阜県の杉の挽板(※3)を幅はぎ(※4)にしたもので、無垢の杉の質感を十分に感じることのできる、贅沢な天板です。

比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、長良杉の美しい木目の細やかさと、自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。

色艶がよいのも、長良杉の魅力のひとつです。



※1 挽板(ひきいた)とは、突板(つきいた:薄くスライスした表面化粧材)とは異なり、鋸で切り出した厚みのある板のこと。

※2 幅はぎとは、木材と木材を横に接ぎ合わせて板を作る方法のことで、木の反りなどが出にくいといわれています。


長良杉の特徴


  • 岐阜県長良川上流から飛騨地方で育った杉を贅沢に使用して仕上げた天板
  • 冬の4か月間、雪の中で成長するため、年輪が緻密で色艶がよい
  • 長良杉特有の、源平の美しさ(白太と赤身の混在)が魅力
  • 木の硬さは、杉材、パイン材と同程度
  • 杉材であるが、丁寧に節の処理をしているため、表面はとても滑らかな仕上がり
長良杉天板1

長良杉は、源平の美しさ(外側部分の白太と中心部分の赤身の混在)が特徴。堂々とした華やかさがあります。

長良杉天板1

色艶もよく、手触りも滑らか。厚み3cmの長良杉を幅はぎにした天板は、無垢の温かみを十分に感じられます。


長良杉とブラック鉄脚のテーブル1

美しい木目と色のコントラストが和モダンな雰囲気を醸し出します。個性的なAライン脚ともマッチしますね。

長良杉とブラック鉄脚のテーブル2

白と赤の対比がユニークな長良杉は、トラペゾイドのようにアーティスティックなデザインの鉄脚との相性も◎。



品種 スギ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.38g / cm3 ※一般的な杉材の値
強度 比較的やわらかめ
色調 辺材は黄白色、心材は赤みの強い褐色や黄褐(辺心材の境目は明瞭)
淡い白色から赤みを帯びた黄色までさまざま
産地 岐阜県
主な用途 柱や梁、桁などの構造材、床材、壁材、天井板
長良杉の商品ページへ

岐阜桧

桧

日本に根付く桧


桧(ヒノキ)は古くから仏閣や神社を建てるために用いられてきた、建築材として最良の木材です。

桧は、伐採されてから200年かけて強度を増していき、その後徐々に経年変化で弱くなっていきますが、伐採から約1200年後に伐採時の強度に戻るといわれているほど、耐久性があります。

桧の香りは多くの人々に好まれていますが、この特有の芳香には、気分を落ち着かせる効果や、抗菌効果をもっていることがわかっています。

岐阜桧テーブル

美しい光沢と芳香を味わう


KANADEMONO が扱う「岐阜桧」は、岐阜県産の桧の挽板(※1)を幅はぎ(※2)にしたもので、無垢の桧の質感を十分に感じることのできる、贅沢な天板です。

比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、桧の木目の優しさと、自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。

また木肌の美しい光沢も、桧の魅力のひとつです。

桧の特徴として、耐湿、耐水性も良いので、日本の気候に合った木材といえます。



※1 挽板(ひきいた)とは、突板(つきいた:薄くスライスした表面化粧材)とは異なり、鋸で切り出した厚みのある板のこと。

※2 幅はぎとは、木材と木材を横に接ぎ合わせて板を作る方法のことで、木の反りなどが出にくいといわれています。


岐阜桧の特徴


  • 岐阜県産の桧(ヒノキ)を贅沢に使用して仕上げた天板
  • 気分を落ち着かせる、桧特有の芳香を楽しめる
  • 木肌に光沢があり、美しい
  • 木の節が比較的少ないため、木目が優しい印象
  • 木の硬さは、杉材、パイン材と同程度で比較的やわらかめ
  • 表面はとても滑らかな仕上がり
  • 耐湿、耐水性が高い
岐阜桧天板1

表面は滑らか。木の節が比較的少ない(※)ので、やさしく穏やかな雰囲気の天板です。※個体差があります

岐阜桧天板2

木肌の美しい光沢と清々しい芳香は、桧ならではの魅力。ブランド銘木材のなかで1番人気の樹種です。


岐阜桧とブラック鉄脚のテーブル

最良の木材と言われる桧。品のある高級感が漂い、空間に凛とした空気をもたらしてくれる、そんな特別感のあるテーブルです。

岐阜桧とホワイト鉄脚のテーブル

ホワイトの脚との組み合わせもおすすめ。清楚な桧の魅力が引き立ち、明るくすっきりとしたトーンに仕上がります。



品種 ヒノキ科 / 針葉樹
気乾比重(参考値) 0.41g / cm3 ※一般的な桧材の値
強度 やわらかめ
色調 辺材は淡い黄白色、心材は黄白色~淡紅色(辺心材の境目ははっきりしない)
主に白っぽい色調で、黄味から赤みを帯びたものまでさまざま
産地 岐阜県
主な用途 建築材、神社の建材、彫刻(仏像など)、家具
岐阜桧の商品ページへ