テーブル脚の選び方

テーブル脚の選び方

かなでものは、テーブル金属脚の探求が原点のインテリアショップ。

よりよいテーブル脚を求めて、インスピレーションを得るためにヨーロッパを旅したことから始まり、現在も、デザインや素材にこだわって、さまざまな種類のテーブル脚を製作しています。

「脚は天板と同じくらいに、テーブル全体の印象を決める」

このことを知っている「かなでもの」だからこそ、多くのハイセンスなデザインの金属脚をご用意して、空間にぴったりと合うテーブルをご提供したいと日々思っています。


いろいろなデザインの金属脚


テーブル脚の種類が多いと、時々お客さまより「どのような脚がおすすめですか?」といったご質問をいただきます。

まずは、ご自身の直感やデザインの好みを最優先に選んでいただくのが一番ですが、こちらで各テーブル脚の特徴を挙げていますので、よろしければ、参考にしてみてください。

スクエア

シンプルなデザインで、かなでもの一番人気のテーブル脚。

単純なスクエア型ですが、アイアンチューブの幅によって、見た目の印象や、安定感などが大きく変わります。

重厚感がありながら、重たくなりすぎない、かつ機能的にも優れているデザインを、かなでものプロダクトデザイナーが追求し、現在のモデルは「60mm × 40mm」のアイアンチューブを使用しています(ブラックのみ)。

さまざまなスタイルの空間に馴染む、オールマイティーな脚なので、脚選びに迷われたらこちらをおすすめします。


スクエアの特徴


  • かなでもので一番人気の定番テーブル脚
  • シンプルなデザインなので、どんな空間にも溶け込む
  • 天板・床との接地面が広いため、特に安定感がある
  • 耐荷重・強度に特に優れているので、オフィスなどでの使用にもおすすめ
  • ブラック・ホワイトの2色あり(サイズ・仕様が異なります)
  • 推奨天板サイズ:幅:100~180cm 奥行:72~85cm 厚さ:2.5~5cm

どんな天板にも合わせやすい、シンプルなデザインで人気のスクエア鉄脚は、安定感と重厚感があります。

シンプルでミニマルなデザインは、リビングルームやワークルームをすっきりとした印象に。

スクエアの商品ページへ

Xライン

欧米の素敵なカフェでよく見かけるタイプのテーブル脚。

海外で得たインスピレーションを元に、日本のお部屋にも合うようなすっきりとしたモデルにアレンジしました。

無骨な印象になりすぎないシルエットを考えて、現在のモデルは「50mm × 50mm」のアイアンチューブを使用しています。

個性的な脚を探している方におすすめです。


Xラインの特徴


  • 海外でよく見かけるタイプのユニークなテーブル脚
  • 目を引くデザインで、空間のアクセントになる
  • リビングルームやワークルームが個性的な雰囲気に
  • 推奨天板サイズ:幅:100~180cm 奥行:72~85cm 厚さ:2.5~5cm

個性的なデザインで人気のX脚は、空間をスタイリッシュに見せます。

欧米の素敵なダイニングカフェなどで、よくXラインのアイアン脚が使われています。

Xラインの商品ページへ

Aライン

無垢鉄プレートを曲げて作った、美しいラインのテーブル脚。

安定感を重視しながらも、できる限りプレートを薄く、無駄を省いたデザインに仕上げています。

こちらも何度も試作を作成し、現在のモデルは、8mmの無垢鉄の平鋼を使用しています。


Aラインの特徴


  • すっきりとしたデザインのテーブル脚
  • 重厚感のある無垢鉄プレートを使用
  • 短辺側の足元にもスペースがあるので、両辺側に座ることができる
  • 正面とサイドから見た脚の印象が大きく異なる、ユニークなデザイン
  • アジャスターは付属していないので、若干の高さ調整ができません
  • 推奨天板サイズ:幅:100~180cm 奥行:67~85cm 厚さ:2.5~4cm

サイドから見ると、デザイン性にこだわって細く仕上げた、A脚の魅力がよくわかります。

こだわりの無垢鉄フラットバーに、マットブラック粉体塗装が施されています。

Aラインの商品ページへ

I ライン

モダンでありながら、どこか懐かしい、レトロモダンなデザインのテーブル脚。

脚の下部のR部にこだわり、力強い鉄脚の印象ながらも、愛着の湧くような丸みを帯びたシルエットに仕上げています。

安定感を増すために、現在のモデルは、上部プレートと下部のアイアンチューブの長さを同じにしています。(※写真は旧モデル)


I ラインの特徴


  • 学校机のようなレトロモダンデザインで人気のテーブル脚
  • 正面とサイドから見た脚の印象が大きく異なる、ユニークなデザイン
  • すっきりとしたデザインなので、さまざまな空間に溶け込む
  • 推奨天板サイズ:幅:100~180cm 奥行:65~85cm 厚さ:2.5~4cm

学校机のようなレトロモダンデザインで人気のI脚です。おしゃれな勉強机としての利用もおすすめ。

R部は丸みを帯びたデザインで、全体の印象にやわらかさを残しています。

Iラインの商品ページへ

トラペゾイド

目を引く洗練されたデザインのトラペゾイドのテーブル脚。

台形の角度にこだわり、スタイリッシュなデザインでありながらも、安定感のある角度を追求しました。
引き締まった印象で、空間のアクセントになるような独特な存在感があります。

個性的なテーブル脚を探している方におすすめです。


トラペゾイドの特徴


  • スタイリッシュなデザインで人気のテーブル脚
  • 目を引く洗練されたデザインなので、リビングやワークスペースのアクセントになる
  • ショップのディスプレイ用テーブルとしての利用もおすすめ
  • デザインの仕様上、天板の長辺側にデスクトップ等重いものを載せることは推奨しておりません
  • 推奨天板サイズ:幅:100~180cm 奥行:67~72cm 厚さ:2.5~5cm

目を引くデザインなので、個性的なテーブル脚を探している方におすすめです。

安定感を重視しながらも、スタイリッシュに見える角度を追求して辿り着いた、絶妙な角度。

トラペゾイドの商品ページへ

スクエア・バー(角柱)

デスクワーク用のテーブルに定番のテーブル脚。

スクエアタイプと並んで、法人さまより多くご注文をいただいているテーブル脚です。

キャビネットを置いたり、短辺側にも座ったりするシチュエーションが多いオフィスでは、足元のスペースを有効的に使えるこちらが便利です。

四隅に脚を組み付けるので、特に安定性に優れています。


角柱脚の特徴


  • オーソドックスなデザインでオフィスで人気のテーブル脚
  • すっきりとしたシルエットで、使いやすい
  • 短辺側の足元にもスペースがあるので、両辺側に座ることができる
  • 四隅に脚を設置するため、特に安定感に優れている
  • ブラック・ホワイトの2色あり

細身の角柱タイプの脚は、軽やかな印象。マットブラックの脚で空間をすっきりと見せます。

角柱脚は脚の適応天板サイズにとらわれず、お好みの幅・長さの天板に組み付けできるのも魅力のひとつ。

角柱の商品ページへ

そのほか

かなでものでは、他にも多くの種類のテーブル脚を取り揃えています。
それぞれの特徴を参考にして、空間や天板に合うテーブル脚を探してみてください。


プレート脚の特徴


  • ミニマルモダンなデザインが特徴のアーティスティックなテーブル脚
  • 無垢鉄プレートを使用
  • 高級感・重厚感がある
  • 目を引く洗練されたデザインなので、リビングやワークスペースのアクセントになる
  • ショップのディスプレイ用テーブルとしての利用もおすすめ
  • 重量があるので、頻繁に移動するテーブルには不向き

美しいシルエットの脚が、テーブル全体に軽やかでシャープな印象を与えます。

無垢鉄ならではの重厚感があります。見る角度により印象が変わるのも魅力のひとつ。

プレート脚の商品ページへ

ピン脚の特徴


  • シンプルなストレートのデザインながら、絶妙な角度に設計されたテーブル脚
  • すっきりとしたデザインなので、さまざまな空間に溶け込む
  • かなでものでは、おもにラウンドテーブルに使用

脚を付ける位置や本数を調整することにより、様々な天板との組み合わせが可能なフレキシブルなテーブル脚です。

カフェテーブルによくある1本脚に替わるようなセンスいいテーブル脚を作りたい、という想いで製作されたピン鉄脚。

ピン脚の商品ページへ