ラバーウッド デスク・オフィスデスク Square 鉄脚 

型番 KDT-105-TNB-FABK
販売価格 42,000円(税抜)
納期 5営業日(土日・祝は除く)後に発送
※ 営業日についてはこちら
在庫数 残り135
数量
サイズオーダー 依頼する(無料)
寸法(幅・奥行)

※ご入力後、カートに入れてください

ナチュラルテイストなラバーウッドの天板とマットブラックのスクエア鉄脚を組み合わせた、
シンプルモダンなデザインのワークデスクです。

1人あたりのワークスペースについては「幅:100cm〜120cm × 奥行き:60〜70cm」あると、PCを置いても、心地よく使えるといわれており、 一般的なオフィスデスクはこのくらいのサイズで設定されていることが多いです。

かなでもの推奨のデスクのサイズは、140 x 70 (幅 x 奥行) cm(写真1枚目のデスク参照)。
ゆったりとしたスペースで作業をしていただきたいので、幅は140cm、 奥行きについては、かなでもの鉄脚の幅(65cm)を考慮して、70cmをおすすめしています。

もちろんかなでものでは、天板のサイズオーダーが無料でできるので、気軽にカスタムオーダーが可能。
広々としたワークスペースが必要な方は、幅を150〜180cmにしてみてもいいですね。

※ こちらはテーブルをデスク用として使った場合のイメージ商品のページです。通常のラバーウッドテーブルと同じ仕様・価格設定となります。

ラバーウッドの特性はこちら


標準サイズ140 x 70 x 70 (幅 x 奥行 x 高さ) cm (サイズオーダー無料)
寸法詳細ブラック:60 x 40 mm(アイアンチューブ)
ホワイト:50 x 25 mm(アイアンチューブ)
天板厚み2.5cm
素材天板:ラバーウッド集成材 脚:スチール アイアン 鉄
仕上げ天板:マットウレタンニス塗装 脚:マットブラック・ホワイト 粉体塗装
備考※ 簡単組み立て:所要時間10分以内(ボルト・六角レンチ付属)
※アジャスター4個付属
※ 脚と脚の間隔は、「幅ー(マイナス)25cm」の仕様となります。
 例:幅140cmの場合=115cm 幅180cmの場合=155cm
※ 天板の色味、明るさ、節の多寡に関するご指定は承ることができませんので、あらかじめご了承ください


アイテム特徴


こちらのデスクは幅:120cmのサイズ。キャビネットワゴンなどはデスク下に配置できませんが、コンパクトな印象ですっきりと見せます。

こちらのワークデスクは、幅:140cm・奥行:70cm のサイズ。PCを置いても十分に余裕があり、快適に作業ができます。

幅140cmのデスクは、キャビネットワゴンをデスク下に配置+チェア1脚を格納することができます。かなでもの推奨の1人用デスクのサイズです。

優しく穏やかな木目が特徴の、やわらかな雰囲気の木材。手触りがとても滑らかで、かなでもので人気のテーブルです。デスクワークにもおすすめ。


弊社では、一般財団法人ボーケン品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施しております。
「テーブルの天板に、1.5kgの重りを等分布で合計216kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

品質試験報告書はこちら



かなでものでは、テーブルのサイズオーダーを無料で依頼することができます。
標準サイズ(写真1.2枚目のデスク)は、140 x 70 x 70 (幅 x 奥行 x 高さ) cm でご用意していますが、
ご自身の用途に合わせて、「幅:100〜180cm」「奥行:65〜80cm」 の範囲で(1cm単位)変更が可能です。
サイズオーダーをご希望の方は、注文数量の入力欄下の「サイズオーダー依頼する」を選択してください。

サイズオーダーFAQはこちら

テーブルサイズオーダー

こちらの商品は、デスクの天板に配線孔を開けることができます。
・一箇所につき、+3,000円(税抜)

配線孔の加工を施すと、デスク上のケーブルやコード類をすっきり隠すことができます。
ご希望の方は、デスクとともに「配線孔 オプション」をカートに入れて、ご注文ください。

配線孔 オプションはこちら



ラバーウッド材に限り、天板のカラーについて「ナチュラル」「チークブラウン 」「ブラックブラウン」の3色をご用意しています。
空間のトーンに合わせて、ぴったりの天板を選んでみてください。

ナチュラルのテーブルはこちら

ブラックブラウンのテーブルはこちら



PRODUCT
木材の個性や特性を知って、空間や用途に合う、そして自分にぴったりの木のテーブルを選びましょう。
PRODUCT
どんなデザインのテーブル脚を選んだらいいのか。それぞれの金属脚の特徴についてご案内しています。
ABOUT
かなでものブランドが生まれた背景も含めて、かなでものにまつわる、いろいろなストーリーをご紹介いたします
BUSINESS
オフィスやカフェ、レストランなどで、かなでもの家具を使用して、心地よいワークスペースにしませんか。