立って働く、新しいワークスタイル THE Standing Desk

ずっと座りっぱなしのデスクワークから解放されたいとき、スタンディングテーブルに移動してリフレッシュするワークスタイルを取り入れてみませんか。

かなでものは常に「実用的+ハイセンス」なテーブル・デスクの環境作りをサポート。

今回は「立って働く」 新しいワークスタイルを取り入れたい方向けに、シンプルなデザインのスタンディングデスクを製作しました。

オフィスのパントリールームに置いて意見交換の場としてのカジュアルな使い方や、効率の良い会議ができると言われている「スタンディングミーティング」にもぴったりのテーブルです。

スタンディングデスク & 一緒に置きたいスツール 一覧へ

スタンディングデスクをおすすめする理由

最近、日本の会社でもスタンディングデスクを取り入れる動きが広まっています。

欧米では以前より、会社や学校などのパブリックスペースで、積極的にスタンディングデスクを取り入れており、ある研究機関では「スタンディングデスクの利用で、脳の機能が向上する」という研究結果が報告されています。

背中をまっすぐに、姿勢を正して気持ちよく作業ができそうですね。

また、話しかけやすい雰囲気が生まれるので、コミュニケーションが取りやすくなるという利点もあります。

効率のよい会議ができる、スタンディングミーティング

ぜひ試していただきたいのが、立ったまま会議をする「スタンディングミーティング」。

座った状態でのミーティングよりも、立った状態の方が、脳の興奮状態を維持することができ、集中力も高まり、クリエイティブで生産的な意見交換ができるといわれています。

会議室に人数分の椅子を用意したり、どこに座るか迷ったりする必要はありません。
気軽にスタンディングテーブルを囲んで、気兼ねなく意見を言い合う、長時間の会議はせず、集中してメリハリのあるミーティングをする、そういった新しいワークスタイルを、かなでものは推進していきたいと考えています。

実際にスタンディングデスクを取り入れてみると、適度な緊張感が全身にあり、ミーティングの時のみならず、クリエイティブなアイデアが浮かびやすいことが実感できます。

無駄を省いたミニマルなデザイン

スタンディングテーブルの高さは約100cm。

シンプルなデザインとつくりを重視して、高さ調整の機能は付いていませんが、 身長155cm〜180cmのモデルで問題なく使用できることを検証済みです。

天然木の天板と、スクエアのアイアン脚で仕上げた無駄のないデザインは、様々な空間に溶け込みます。

表情の異なる天板がつくる、ハイセンスな空間

置く場所や、オフィスの雰囲気に合わせて、天板を選べます。

エコな木材として注目されている人気のラバーウッド材は、ナチュラル、チークブラウン 、ブラックブラウンの3種類をご用意しています。写真のように落ち着いたチークブラウンカラーを選ぶと、程よいラグジュアリー感のある佇まいに。

シックな印象のブラックブラウンは、ホテルやカフェ、レストランのハイテーブル・カウンターテーブルとして使用するのもおすすめです。

ヴィンテージのような味わいのある、杉古材の天板で雰囲気のあるテーブルにするのもいいですね。

もちろん、サイズオーダー無料です

こちらのスタンディングテーブルは天板のサイズオーダーが100〜180cm まで可能。

追加料金がかからないので、空間や利用人数、用途に合わせて、テーブルの長さを気軽にカスタムオーダーできます。

かなでものでは、サイズオーダーやオプション加工をした場合、また複数台ご注文の場合でも、通常納期でお届けしています。

かなでもののシンプルなスタンディングデスクを、ぜひワークスペースやパブリックスペースに取り入れてみてください。

スタンディングデスク & 一緒に置きたいスツール 一覧へ