かなでもの 導入事例 #1 Airbnb Japan オフィス

導入事例 1  Airbnb Japan オフィス

Airbnbは、2008年にアメリカのサンフランシスコで
Brian Chesky、Joe Gebbia、 Nathan Blecharczyk の3人によって創業された、新しい宿泊・体験を紹介するプラットフォームです。

世界191か国以上、81,000以上の都市で600万件を超えるユニークな宿泊施設が掲載されています。

「暮らすように旅をする」をコンセプトに、旅行者は空き家や空き部屋に泊まり、ローカルな雰囲気を楽しみます。最近日本でもよく知られるようになってきましたが、世界中の人々に利用されているサービスです。

この度は、Airbnb Japanオフィスのリノベーションに合わせて、かなでものの特寸スタンディングデスクと、ブース用のデスクを納品させていただきました。

スタンディングデスクの商品ページはこちら

幅180cm・奥行き70cmのラバーウッド天板を2枚連結した、幅360cmのテーブルをミーティングルームの入口横に配置してます。

ミーティングの始まる前、終わった後のちょっとした会話が生まれるスペースに、ぴったりのスタンディングテーブルです。



スタンディングデスクは、海外チームのスタッフに特に人気とのこと。座りっぱなしのデスクワークから解放されます。

作業の合間に気軽に会話をしながら、自分の仕事を進めることができる、そんなちょうどいい距離感が生まれるテーブルです。



こちらのテーブル脚の高さは約100cmで固定ですが、背丈のちがう方が使用しても、通常問題ない仕様となっています。

ラバーウッドの木目は優しい印象なので、オフィスに居ながらも、ゆったりと温かみのある雰囲気を感じることができます。



ビデオミーティングができるブースでは、幅100cm・奥行き70cmのコンパクトなサイズのラバーウッドテーブルを使用。

1人用のブースでは、幅100cm・奥行き50cmのラバーウッド天板を、直接壁に固定しているので、すっきりとしたデザインです。

導入事例トップへ