THE TABLE ガラス × 木製脚 品質試験報告書

THE TABLE ガラス × Pin 木製脚
 オーク無垢材

TBL - F111

① 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施。

「ガラス × Pin 木製脚 テーブルの天板(幅 1400 × 奥行 750 mm)に、1.5kgの重りを等分布で合計158kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

② 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1202」という垂直力に対する安定性の試験を実施。

「ガラス × Pin 木製脚 テーブルの天板(幅 1400 × 奥行 750 mm)を床面に設置し、長辺側の脚をストッパに当て、長辺側、および短編側の甲板縁中央から5cm内側の位置に垂直力を加える」という試験内容において、合格しております。

  • 長辺側:450N の垂直力で転倒しない
  • 短辺側:450N の垂直力で転倒しない

THE TABLE ガラス × Trapezoid 木製脚
 オーク無垢材

TBL - F113

① 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施。

「ガラス × Trapezoid 木製脚 テーブルの天板(幅 1400 × 奥行 750 mm)に、1.5kgの重りを等分布で合計158kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

② 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1202」という垂直力に対する安定性の試験を実施。

「ガラス × Trapezoid 木製脚 テーブルの天板(幅 1400 × 奥行 750 mm)を床面に設置し、長辺側の脚をストッパに当て、長辺側、および短編側の甲板縁中央から5cm内側の位置に垂直力を加える」という試験内容において、合格しております。

  • 長辺側:450N の垂直力で転倒しない
  • 短辺側:450N の垂直力で転倒しない

THE TABLE ガラス × I 木製脚
 オーク無垢材

TBL - F114

① 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施。

「ガラス × I 木製脚 テーブルの天板(幅 1800 × 奥行 750 mm)に、1.5kgの重りを等分布で合計203kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

② 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1202」という垂直力に対する安定性の試験を実施。

「ガラス × I 木製脚 テーブルの天板(幅 1800 × 奥行 750 mm)を床面に設置し、長辺側の脚をストッパに当て、長辺側、および短編側の甲板縁中央から5cm内側の位置に垂直力を加える」という試験内容において、合格しております。

  • 長辺側:450N の垂直力で転倒しない
  • 短辺側:450N の垂直力で転倒しない

THE TABLE ガラス × H 木製脚
 オーク無垢材

TBL - F115

① 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施。

「ガラス × H 木製脚 テーブルの天板(幅 1800 × 奥行 750 mm)に、1.5kgの重りを等分布で合計203kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

② 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1202」という垂直力に対する安定性の試験を実施。

「ガラス × H 木製脚 テーブルの天板(幅 1800 × 奥行 750 mm)を床面に設置し、長辺側の脚をストッパに当て、長辺側、および短編側の甲板縁中央から5cm内側の位置に垂直力を加える」という試験内容において、合格しております。

  • 長辺側:450N の垂直力で転倒しない
  • 短辺側:450N の垂直力で転倒しない

THE TV BOARD / LOW TABLE
ガラス × 木製脚 オーク無垢材

TVB-F112

① 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施。

「ガラス × 木製脚 TVボードの天板(幅 1200 × 奥行 420 mm)に、1.5kgの重りを等分布で合計63kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。

② 一般財団法人 BOKEN 品質評価機構による「JIS S 1202」という垂直力に対する安定性の試験を実施。

「ガラス × 木製脚 TVボードの天板(幅 1200 × 奥行 420 mm)を床面に設置し、長辺側の脚をストッパに当て、長辺側、および短編側の甲板縁中央から5cm内側の位置に垂直力を加える」という試験内容において、合格しております。

  • 長辺側:450N の垂直力で転倒しない
  • 短辺側:330N の垂直力で天板が浮き上がり、転倒する