テーブル木材の選び方 Gemone

Gemone テーブルの木の選び方

木といっても、それぞれに個性や特性があります。

木目がはっきりしているもの、優しくて穏やかなもの。手触りが柔らかくて温かみのあるもの、硬くて重厚感のあるもの。テーブルの木材が変わるだけで、部屋の雰囲気も変わるほど、木の選び方は重要です。

by KANADEMONO では、自分にぴったりの木のテーブルを見つけていただくために、多くの種類の天板をご用意。

Gemone では、特に高級感があり、空間に落ち着きを与えるような木材を取り揃えています。

直感で選ぶこともとても大切ですが、プラス木の個性を知り、用途や空間に合うかどうかを考えて、自分に合う樹種のテーブルを選んでみましょう。

ラバーウッド

ラバーウッド

ラバーウッドとは


ラバーウッドは、別名ゴムノキともいわれ、ゴムの樹液が採れることで有名なブラジル原産の広葉樹です。

ラバーウッドは、樹液採取を何年間か続けると木の勢いが衰えてしまうため、かつては樹液採取後に大量廃棄されていましたが、現在は、伐採した後の木も、集成材や家具材として有効活用されています。

またラバーウッドは、南米や東南アジアなど暑い地域に生息する木なので、成長が早く、森林資源の保護に役立つといわれています。

そして前述のように、資源の有効利用もされているため、「環境にやさしい、エコな木材」といわれています。

ラバーウッド

温かく滑らかな手触り


ラバーウッドの一番の特徴は、加工後の手触りがとても滑らかであること。特にテーブルは直接手で触れることの多い家具なので、心地のいい手触りのものがいいですよね。

また木目はとても柔らかく穏やかです。作業の合間に眺めると、ほっとするような、安心感を与えてくれます。


ラバーウッドの特徴


  • 柔らかく穏やかな木目の印象
  • 心地のいい滑らかな手触り
  • 環境にやさしいエコな木材
  • 集成材なので、乾燥や湿気による反りなどの影響が少ない
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め(木材の比重の参考値:0.66 g/cm3)
  • 表面が滑らかで硬い木材なので、テーブルで直接書き物を多くされる方や、
    デスクワークをされる方などには、こちらのラバーウッドがおすすめ

Gemone のラバーウッド

Gemoneのラバーウッドチークブラウン天板

THE BOARD / ラバーウッド チークブラウン

少し赤みのある深いブラウンが美しいチークブラウンの天板。趣のあるブリックカラーのような雰囲気で、程よいラグジュアリー感を演出します。

Gemoneのラバーウッドチークブラウン天板

THE TABLE / ラバーウッドT × Stainless

チークブラウン天板とステンレス脚を組み合わせたテーブルは、華やかな仕上がり。エレガントな佇まいで、落ち着きと気品をもたらします。



Gemoneのラバーウッドブラックブラウン天板

THE BOARD / ラバーウッド ブラックブラウン

ブラックブラウンのラバーウッド天板は、シックな印象。うっすら木目の見える、ブラックとブラウンが絶妙に混じった独特なカラーが魅力です。

Gemoneのラバーウッドブラックブラウン天板

THE TABLE / ラバーウッドB × Stainless

ブラックブラウン天板とステンレス脚で、高級感のあるテーブルに。濃い色の天板がメタリックな質感を引き立たせ、特別な存在感を放ちます。

かなでもののラバーウッド材について、お客様より「表面がすごく滑らかで、温かみのある天板」「ワークスペース用のテーブルとして利用しているが、手触りが心地よくて、落ち着きながら作業ができる」などの声をいただいています。

また、かなでもので扱っている木材の中で、一番硬い木材なので、直接テーブルで物書きを多くされる方には、こちらのラバーウッドをおすすめします。

ラバーウッドの商品ページへ

ウォルナット

ウォルナット

ウォルナットとは


ウォルナットは、その実が私たちの食卓にも馴染み深い、北米産のクルミ科の落葉広葉樹です。

日本にもクルミの木がありますが、こちらは「鬼胡桃 (おにくるみ)」というミルキーな茶色の木材。一般的にウォルナット材として世界に流通しているのは、北米産の「ブラックウォルナット」と呼ばれる茶褐色の木材です。

気品ある佇まいから、チーク、マホガニーと並び「世界三大銘木」と称されている、高級木材のひとつです。

ウォルナット

アメリカ東部やカナダのオンタリオ州の山脈一帯に生育するウォルナットは、厳しい寒さの中、じっくりと時間をかけて育ちます。

よって、適度な硬さと粘りをもち、温度や湿度による狂いが生じにくいことから、楽器や銃床材、ドア材やフローリング材にも使われてきたほど。

精度が求められる家具にも最適で、世界中で高級品として愛される木材です。

またウォルナットを輪切りにしてみると、辺材(外側)は灰白色や乳白色、心材(内側)は紫色を帯びた薄褐色から、濃褐色、茶褐色といった濃い色が見られ、材がもつ濃淡が混じり合った美しいコントラストの理由がよくわかります。

Gemoneのウォルナット天板のダイニングテーブル

高級感のある滑らかな木目


ウォルナットの1番の魅力は、ダークブラウンのような濃い目の色合いとツヤ感、そして”墨流し”と呼ばれる滑らかで美しい木目。

不規則な濃淡の縞があり、まるで木肌に墨を流したように滑らかな木目が描かれることから、”墨流し”と呼ばれています。

また通常、木材は経年変化により色が濃くなることが多いですが、ウォルナットの場合は、濃い色合いは経年変化によりまろやかになり、徐々に赤褐色、さらには黄褐色をおびた明るい茶色へと変化。独特の経年変化もウォルナットならではの魅力といえます。


ウォルナットの特徴


  • チーク、マホガニーと並ぶ「世界三大銘木」のひとつ
  • 濃いブラウン色で、高級感ある落ち着いた雰囲気
  • ”墨流し”と呼ばれる濃淡の縞模様が見られる
  • 白太(辺材)と茶褐色(心材)が混じり合った表情
  • はっきりと描かれた上品で美しい木目
  • ツヤのある滑らかな触り心地
  • 経年変化により色が明るく変化する
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め(木材の比重の参考値:0.64 g/cm3)
  • 厳しい寒さの中で生育する環境のおかげで、適度な硬さと粘りをもつ
  • 衝撃に強く、耐久性が高い
  • 湿度温度による変形が生じにくい

Gemone のウォルナット

Gemoneのウォルナット天板

THE BOARD / ウォルナット

紫を帯びた濃茶褐色から淡褐色、乳白色など、濃淡の縞が美しく現れるウォルナット。経年変化により、まろやかな明るい色に変わります。

Gemoneのウォルナットテーブル天板

THE TABLE / ウォルナット × Stainless

ウォルナットの天然木を贅沢に使用したテーブル。艶やかなダークブラウンの天板に、ダイニングで過ごす時間が贅沢なひとときになりそうです。

ウォルナットの商品ページへ

ブラックチェリー

ブラックチェリー

ブラックチェリーとは


ブラックチェリーは、主に北米東部の比較的暖かい地域に生息するバラ科サクラ属の広葉樹。日本では「アメリカンチェリー」と呼ばれる、黒っぽい大きなチェリーの実をつけることで有名です。

15~30m程に大きくまっすぐ伸びる木は、幹幅が小さいため幅広の材は希少ですが、ウォルナット、チーク、マホガニー、アッシュなどと並ぶ銘木とされ、古くから高級家具木材として輸出されてきました。

ブラックチェリー

実はもちろんのこと、木片は燻製のときにチップとして使われるなど、私たちの生活に馴染みのある木材です。

辺材(外側)は黄白色から乳白色、心材(内側)は淡い薄桃色。

経年変化が大きいことでもよく知られ、薄桃色の木肌は、深みのある赤褐色に変化し、大きく印象が変わります。さらに使い込むほどに艶を増し、高級感が増していきます。

Gemoneのブラックチェリー天板のダイニングテーブル

上品な木肌と個性的な表情


赤みを帯びた上品な色合いと緻密な木肌、そしてまろやかな光沢感が、ブラックチェリーの1番の魅力。ダイニングテーブルを華やかに演出してくれます。

一見、淡々とした表情を見せるブラックチェリーですが、個性的な表情が見られることでもよく知られています。

ひとつは、樹木の生長の過程や気候の変化による縮みによって、独特の紋様が表れる、さざなみ紋(リップルマーク)。川の流れのように緩やかで、少し光沢があるように見え、角度によって表情が変化するこちらの紋様、古くより重宝され、リップルマークがあるものは銘木とされ賞用されてきました。

もうひとつの特徴は、樹液を多く含む、生命力の強い木ほど見られるといわれている、ガムポケット(樹脂痕)。成長過程で染み出した樹脂が固まってできるサクラ科特有の個性で、黒い斑点が見られます。

またブラックチェリーは「散孔材」(※)であるため、木目は淡く、手触りはすべすべと滑らかである点も特徴です。




※年輪の中に細い導管が不規則に散らばった木材を「散孔材」といい、淡い木目と滑らかな手触りを生み出します。
一方、太い導管が規則的に並んだ木材は「環孔材」といい、はっきりとした木目と手触りのある木材になります。



ブラックチェリーの特徴


  • ウォルナットと並ぶ、人気の高級木材のひとつ
  • 木肌が緻密、光沢感、艶があり上質な印象
  • 散孔材のため、淡い木目と滑らかな手触り
  • 経年変化が大きく、淡桃色から赤褐色へと変化。高級感が増す
  • さざなみ紋やガムポケットなど、個性的な表情が見られることがある
  • 木の硬さは、標準的(木材の比重の参考値:0.55 g/cm3)

Gemone のブラックチェリー

Gemoneのブラックチェリー天板

THE BOARD / ブラックチェリー

ブラックチェリーの薄桃色の木肌は、経年変化により深みのある赤褐色に。さらに使い込むほどに艶を増し、高級感を増していきます。

Gemoneのブラックチェリーテーブル天板

THE TABLE / ブラックチェリー × Stainless

空間に明るく静かな華やかさを添えてくれる天板。淡い木目&ツヤ感が、ステンレス脚の光沢感を丸く包み込み、やさしい印象のテーブルに。

上質感あふれる趣で、ダイニングを華やかに彩ります。深い飴色への経年変化をはっきりと感じられるのも、天然木ならではの愉しみといえます。

ブラックチェリーの商品ページへ