Gold Brown Top - Steel Plate Legs

型番 KDT-149
販売価格 42,000円(税抜)
納期 欠品中・11月下旬入荷予定
※ 営業日についてはこちら
数量
サイズオーダー 依頼する(無料)
寸法(幅・奥行)

※ご入力後、カートに入れてください

ラグジュアリーライン Boutique Furniture Label のプロダクトです。

艶やかなゴールドブラウンのラバーウッド材の天板に、
モダンなデザインの無垢鉄プレート鉄脚を組み合わせた、気品のあるテーブル。

直線のプレート鉄脚のシルエットが美しい
目を引く洗練されたデザインに仕上げています。

アートのオブジェのような存在感がありながら、すっきりとしたシンプルなデザイン。
存在感のあるブラックの鉄脚が空間を引き締め、また個性的なアクセントにもなります。

空間に置くだけで、エレガントな雰囲気になるので、
落ち着いた書斎やギャラリー、ブティックなどでの使用もおすすめです。


標準サイズ140 x 80 x 70 (幅 x 奥行 x 高さ) cm (サイズオーダー無料)
天板厚み2.5cm
各部の寸法詳細210 x 670 mm(アイアンプレート) 9mm(平鋼)
素材天板:ラバーウッド集成材 脚:無垢鉄プレート
仕上げ天板:マットウレタンニス塗装 脚:マットブラック 粉体塗装
脚の重量11kg(プレート1枚あたり)
耐荷重50kg
備考※ 簡単組み立て:所要時間15分以内(ボルト・六角レンチ付属)
※ アジャスター2個付属(プレート1枚あたり)
※ アジャスターが回しにくい場合があります。その際はゴム製の手袋をはめてお試しください。
※ 天板の色味、明るさ、節の多寡に関するご指定は承ることができません。予めご了承ください
※ 通常の使用に際する安定性については弊社で検証済ですが、
  端に重いものを載せるなどはしないようにお願いします
※ こちらの無垢鉄プレートは非常に重量のある商品です(1枚あたり11kg・合計44kg)。
 組み立てする際には十分注意して、必ず大人の方2名以上で作業してください。


アイテム特徴


美しいシルエットの脚が、テーブル全体に軽やかでシャープな印象を与えます。ゲストの目を引くアーティスティックな存在感が特徴。

無垢鉄ならではの重厚感があり、ダークブラウンの天板とよく合います。見る角度により印象が変わるのも魅力のひとつ。

アジャスターが各2個付属しているので、凹凸のある床面に置いたときなどでも、若干の高さ調整が可能です。

ハイセンスなデザインのテーブル脚は、空間を洗練された印象に。シックモダンなダイニングルームや書斎などに特におすすめです。


弊社では、一般財団法人ボーケン品質評価機構による「JIS S 1205」という耐荷重試験を実施しております。
「テーブルの天板に、1.5kgの重りを等分布で合計216kg載せ、7日間放置する」 という試験内容において、合格しております。
※ 弊社の杉無垢材天板・アイアン脚を使用したテーブルにおいて実施した試験結果となりますので、あらかじめご了承ください。

品質試験報告書はこちら



かなでものでは、テーブルのサイズオーダーを無料で依頼することができます。
標準サイズ(写真の4人用テーブル)は、140 x 80 x 70 (幅 x 奥行 x 高さ) cm でご用意していますが、
ご自身の用途に合わせて、「幅:100〜180cm」「奥行:65〜80cm」 の範囲で(1cm単位)変更が可能です。
サイズオーダーをご希望の方は、注文数量の入力欄下の「サイズオーダー依頼する」を選択してください。

サイズオーダーFAQはこちら


かなでものを運営する株式会社bydesignでは、法人のお客様向けに、無料コーディネート&家具の一括手配・設置サービスを提供しております。
あなたの会社のオフィスを簡単・楽に、プロのデザイナーによってコストパフォーマンス高く、素敵な空間にしませんか?
オフィス移転や拡張時などに、是非。下記のご相談フォームから、お気軽にお問い合わせください。
かなでものが得意とするサイズオーダーデスクだけでなく、アートやBotanismの観葉植物等、デザイン性を高めるインテリアも合わせてご提案可能です。


K OFFICE
SACHI OFFICE
ご相談はこちらから




PRODUCT
木材の個性や特性を知って、空間や用途に合う、そして自分にぴったりの木のテーブルを選びましょう。
PRODUCT
どんなデザインのテーブル脚を選んだらいいのか。それぞれの金属脚の特徴についてご案内しています。
ABOUT
かなでものブランドが生まれた背景も含めて、かなでものにまつわる、いろいろなストーリーをご紹介いたします
BUSINESS
オフィスやカフェ、レストランなどで、かなでもの家具を使用して、心地よいワークスペースにしませんか。